ウマ娘 ウマ娘で競馬を知ろう メジロマックイーン

ウマ娘で競馬を知ろう!-第5回 メジロマックイーン後編-

スポンサーリンク

ども、おさみんでござんす

前回のウマ知ろではメジロマックイーンと合わせて、メジロ牧場について紹介しました。

後編ではお待ちかね、競走馬メジロマックイーンがどのように活躍し、名馬となったのか

その物語を紹介していこうと思います!

メジロマックイーンの物語

ウマ娘としてのデザインからは想像できませんが、競走馬メジロマックイーンは500kgを超える大型に部類される馬体だったようです

調教時にはなかなか体重が絞れなかったことと、骨膜炎を発症したことでデビューが遅れてしまいました

そして3歳で迎えたメジロマックイーンの初戦はなんと1,700mのダートレース

2番人気のレースを2着に1馬身、3着以下には10馬身以上の大差をつけて早速の勝負強さを見せます

 

 

しかしデビュー前からの骨膜炎が完治しなかったこともあり、その後のレースでは2着→,3着→2着という結果に

休養を挟んだのちに、最初の目標とするGⅠ菊花賞に向け条件戦に出走

3戦2勝、2着1回と弾みのつく結果に

そして迎えた初のGⅠ菊花賞

このレースには同じメジロ牧場出身の同期、「メジロライアン」が出走していました

マックイーンとは対照的にボーイッシュ

メジロライアンは、メジロマックイーンと同じ1987年に生まれた競走馬です

さらに同じ年に生まれたメジロパーマーと合わせてそれぞれがGⅠを制覇した優秀な競走馬として「メジロ87年組」と呼ばれることになります。

さて、このメジロライアンはメジロマックイーンよりも1年先にデビューしており、勝利できていないもののGⅠでも2着、3着という結果を出していることもあり、この時点ではメジロマックイーンよりも注目されていました。

さて気になるレースですが

4番人気のメジロマックイーンは、レース序盤より先行しつつ最終ストレートで抜け出しそのまま1着でゴール!

 

この時の実況杉本清さんの

「マックイーンだ、メジロでもマックイーンの方だ!」

はまさに観客の気持ちを代弁したといえるでしょう

GⅠ初勝利となれば

次に目指すはメジロに与えられた宿命「天皇賞」

前哨戦である阪神大賞典を楽々勝利し、いざ春の天皇賞

菊花賞で対戦したメジロライアン、ホワイトストーンも出走する中、堂々の1番人気に

レースは菊花賞の時のようにメジロマックイーンが先行します

先頭の馬に張り付くようにレースを展開し最終ストレート

ここでスパートをかけたメジロマックイーンが後続を突き放し、2馬身半差をつけての勝利!

けがに苦戦したものの、徐々に調子を伸ばしたマックイーンが、メジロ牧場の宿願「親子3代の天皇賞制覇」の夢を叶えます

すごいぞマックイーン!

狙え秋の天皇賞

大偉業達成の次に期待されるのは

春秋天皇賞制覇

当時はオグリキャップのライバルとしても有名だったタマモクロスのみが成し遂げていた偉業でした

これまでのレースで当時の長距離を走るライバルたちに勝ってきた実績からもダントツの1番人気で迎えたレース

 

スタート直後から先頭集団に食い込む走りで好位置につけると、最終的には2着に6馬身半差をつける圧巻の走りでさらっと勝利!

 

 

と、なるはずが

結果の表示には審議ランプが点灯

掲示板左にある「審」の上の青いランプが審議ランプ

レースはただ速くゴールすればいいというわけではなく、走行妨害などがあった場合には最悪失格になるというルールが存在するのです

審議ランプは、レース中でそのような疑いがある場合に点灯し、協議の結果で着順を決定するというものです

画像はJRA公式サイトより

そしてなんと今回の審議対象はまさかのメジロマックイーン

 

スタート直後に強引にコース内側に入ろうとした際に、周囲の競走馬の走行妨害になったという判定が決まります

これによりまさかの18着へ転落

GⅠレースで1位入線からの降着は史上初めてのことで、当時も大きく取り上げられたようです

その後のジャパンカップでもこの結果を引きずってか4着という(降着を除けば)生涯で一番悪い結果を残してしまいます

めざせ天皇賞連覇!しかしそこに現れたのは...

喜びと悲しみを味わった昨年から、気持ちを切り替えて臨んだ3年目

まずはメジロの代名詞天皇賞の連覇を狙います

ここで登場するのが当時デビューから7連勝し、前年のクラシック二冠馬「トウカイテイオー」

テイオーの活躍はウマ知ろ3回を見てね

メジロと帝王

どちらの血が勝利するのか

この天皇賞は「世紀の対決」として大きく盛り上がっていたようです

アニメでもこの2頭がライバル関係という表現がありましたね

アニメ5話の1シーン

気になるレースの結果は、テイオーに次ぐ2番人気ながらもやはり長距離のエリートの力を見せつけたメジロマックイーンが勝利

これにより史上初の春の天皇賞連覇を達成します!

 

しかし、このレースの後の調教中に骨折してしまい、この年は長期休養することになります

そして翌年

復帰戦となるGⅡ大阪杯をレコードタイムで悠々勝利し、臨むは天皇賞3連覇!

そこに現れたのは前年ミホノブルボンのクラシック三冠を阻止したライスシャワー

このときライスシャワーはメジロマックイーンに勝つために極限の調教を乗り越え、研ぎ澄まされた馬体で天皇賞に臨んでいたそうです

そして運命のレースがスタート

先行するマックイーンにぴったりと続くライスシャワー

今までであれば最後のスパートで逃げ切るマックイーンだが、この時ばかりはライスシャワーのスパートに喰らいつけずに2着

残念ながら天皇賞3連覇の夢は破れてしまいます

 

メジロマックイーンにとっては悔しい結果となりましたが、ここは当時最強の長距離競走馬を努力と戦略で追い抜いたライスシャワーあっぱれというところでしょう

この年はGⅠで未勝利でしたが、宝塚記念を制し4年連続のGⅠ制覇を達成

その後けがにより引退となりますが、メジロマックイーンの生涯成績は21戦12勝(2着は6回)

そのうち3つのレースで当時のレコードタイムを記録しています

獲得賞金も当時の世界記録となる10億1465万7700円

長距離を得意とする競走馬はステイヤーと呼ばれるそうですが、まさに最強のステイヤーと呼ぶにふさわしい競走馬ですね

後にJRAのメジロマックイーンを主題としたCMで発信されたこのメッセージ

まさしくメジロマックイーンという競走馬を表したものといえるでしょう

ということで今回はここまで

ウマ知ろで取り上げるチームスピカのウマ娘で残るは、、、あの娘ですねw

今回取り上げたメジロマックイーンの栄光と夢を託された名馬の物語をお楽しみに!

いったい何ード誰ップなんだ!?

こちらもCHECK

ウマ娘で競馬を知ろう!-第6回 ゴールドシップ前編-

目次1 6回目はゴールドシップ2 今なお語り継がれるゴルシ伝説3 ゴールド・フォーミュレーション [注意]この記事はアニメのネタバレを含みます。 おはこんばんちわ、おさみんです 早いものでこのブログを ...

続きを見る

スポンサーリンク

-ウマ娘, ウマ娘で競馬を知ろう, メジロマックイーン

Copyright© ゆるげーまーぶ ウマ娘攻略まとめ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.