アニメ ウマ娘 トウカイテイオー

【トウカイテイオー】winning the soulがかっこよすぎて感動【歌詞】

スポンサーリンク

※注意 本記事はウマ娘プリティダービーSeason2のネタバレを含みます

前回のこちらの記事

こちらもCHECK

【ダイタクヘリオス】まだまだ増えるウマ娘!?これはアプリのリセマラが大変なことに...【2期1話感想】

※注意 本記事はウマ娘プリティダービーSeason2のネタバレを含みます 目次1 えっ!?またまた新ウマ娘!しかもゲーム側にも登場か!?2 ライブの魅せ方が鳥肌モノ!!3 そのほか気になる点について ...

続きを見る

放送された後に上がったテンションで書いたものですが、なんといっても後半で触れたようにEDにかけてのトウカイテイオーのウイニングライブシーン

もうここにおさみんは痺れまくったわけですよ

音楽の個人的な嗜好がロックミュージックに寄っているので余計に今回のライブは心に響きました

で、もちろん2話がくるまで何回も見返すわけですが

ふと気づいたんですよ

そういえばライブのところヘッドホンで聴いてなかったなと

いざ聴いてそこでもう一回しびれますよね

いや当たり前の話なんですが、テレビのスピーカーで聴いたのとは別物ですよ

ということでまたまたテンションが上がってしまったので、感じたところを諸々紹介していきます

※ただの素人目線なので変なこと言ってるのはご勘弁を

まずは演出でしびれる

この静寂と観客のざわめきがたまんないんですよね

まずはここ

数秒のシーンですが、まさにライブが始まる前の緊張感が伝わります

そして観客の期待感によるざわめきがまた本当のライブみたいですごくワクワクする!

少し遅れてペンライトが一斉に盛り上がるのもポイントですね

ボンッ!

というライトアップの音とともに現れるシルエットと同時に鳴り響く歓声

ヘッドホンで聴いたときにこの音の低音がテレビで聴いていた時と全く違くて

あぁこれが本当の1話だと改めて感じました

もうかっこいいもん

そしてここ

王道的な演出による登場ですが、なんといっても曲のイントロのギターかっこいい

今までのウマ娘の楽曲でがっつりロックな曲って(多分)なかったので、そこで驚きましたね

いい意味で期待を裏切られたというか

ウイニングライブ開幕じゃぁ!!

で、ここでドーンとライトアップし、ドラムロールで一気の観客のボルテージは最高潮!

ヘッドホンで聴いて改めてすごいなと感じたのは、ここでちゃんと歓声の盛り上がりの2段目があるところ

これで一気に引き込まれますよね

いやほんとアニメスタッフの方々には感謝感謝

えー、ここまで実際のアニメでは約10秒(笑)

濃いなぁほんと

かっこ可愛いっていいよね

ここまでの演出全部かっこいいんですが、このカットで観客に手を振るところ

可愛いんだ

ウマ娘ってアイドルなんでね、やっぱり可愛さは大事な要素

そこが普通のアーティストのライブとは違う良さなんだなと

マイクスタンド使ってるのもロック感あって最高

いよいよトウカイテイオーが歌い始めるんですが

ブログじゃ表現できないですが、ここから画面が小刻みに上下し始めるんですよ

またこれが曲に合わせていい感じに揺れるんで、もう見てるこっちも自然と体が動いちゃいますよね

これはこういう曲だからこその演出だなぁと

このアングル

Aメロの間の合いの手に合わせて蹴り上げ、そしてライトの明るさががっつり来るのもいいですよねぇ

こう、会場の最前線で参加してる雰囲気を味わえます

ここもリズムに乗っててみてて楽しい

この両脇の2人が前に出てくるところもいいですよね

テイオーが残るのは果たしてそういう振り付けか、はたまた...

個人的には3人の奥行きを表現できるのでこれは元々狙った振り付けだと思います

(ってジャンプラの漫画で言ってた)

この汗の意味とは...

この後このスクリーン映像でブレイクが入りサビとともにエンドロール

私こういうブレイク大好きなんですよね、静と動のギャップでより盛り上がるというか

で、ここでポイントなのが光る汗

私のライブのイメージって、全力ってとこなんですよね

当然ステージ側も観客側も全力で歌って盛り上がって、もう汗だくだくになるじゃないですか

そういった熱気みたいなのがこの汗には表現されてると思うんですよ

もちろん、途中にあったルドルフとトレーナーの不安に起因する汗であるというダブルミーニングという点もお上手

ということで演出面についてはいったんこの辺で

え、これいつかウマ娘のライブで見れるんだよな

これと同じような演出でとかだったらその場でうれしすぎてぶっ倒れるかもしれん

次に歌詞でしびれる

ということで、まずは今回放送された部分の歌詞を書き出してみました

※耳コピなので、あくまで参考までに

winning the soul

作詞・作曲・編曲 宮崎誠

歌 トウカイテイオー(CV.Machico)

光の速さで 駆け抜ける衝動は
何を犠牲にしても 叶えたい強さの覚悟

(Go!)一度きりの (Chance!)この瞬間に
賭けてみよう 自分を信じて

時には運だって 必要というのなら
宿命の旋律を 引き寄せて見せよう

走れ今を まだ終われない
たどり着きたい 場所があるから

その先へと 進め 
涙さえも

強く胸に抱きしめ そこから始まるstory
果てしなく続く winning the soul

掴め今を 変えたいのなら
描いた夢を 未来に掲げ 
恐れないで 挑め

走れ今を まだ終われない
たどり着きたい 場所があるから

その先へと 進め 
涙さえも

強く胸に抱きしめ そこから始まるstory
果てしなく続く winning the soul

wow wow wow

作詞 宮崎誠 ウマ娘プリティダービーSeason2 第1話挿入歌「winning the soul」から引用

まず注目はこの曲を作っている宮崎誠さん

主にアニメを中心とした楽曲作成やバンド活動をされているようですが、一番目を引いたのは

TVアニメ「ワンパンマン」

「THE HERO !! 〜怒れる拳に火をつけろ〜」

第1期オープニングテーマ。作詞・作曲は影山ヒロノブ、編曲は宮崎誠

https://ja.wikipedia.org/wiki/ワンパンマン

あぁ、そりゃかっこいい曲になるわ

で、歌詞の方ですがこれはまさにトウカイテイオーがシンボリルドルフと同じ無敗の三冠馬を目指す気持ちを表現したものと解釈していいのではないでしょうか

「一度きりのこの瞬間に」や「たどり着きたい場所」というのは、まさしくクラシック競走三冠を表現していると思います

気になるのは、この歌の中に「何を犠牲にしても」や「まだ終われない」といった何か壁というか目標を阻む存在を感じる部分

アニメでどうなるかはまだわかりませんが、競走馬トウカイテイオーの史実では、日本ダービーの後骨折で三冠目の菊花賞へ出走できなかったんですよね

おそらくはそれこそが壁

それを認識したうえでなお

その先へと 進め 

そして

強く胸に抱きしめ そこから始まる

そう、その戦いこそがトウカイテイオーの物語

その意気込みを全力のライブで示したということなんですね

最後にもう一回観て全身麻痺

ということで

これまでの点を踏まえてまあもう一度1話最後のウイニングライブをヘッドホンで視聴してください

はい、もうおさみんは心地よい感動の痺れで全身包まれております

どうしよう、こんな感動があと12話も?いっぱい楽しめちゃっていいのか?

これからしばらくは寝不足の火曜日が続きそうですね

みなさんも楽しみすぎて私生活に影響が出ないよう、十分注意してご視聴ください。

ちなみにアニメの中で可愛さ全振りのサトノダイヤモンドちゃんの記事もおすすめです

こちらもCHECK

ウマ娘で競馬を知ろう!-第8回 キタサンブラック/サトノダイヤモンド-

目次1 第8回はキタサンブラックとサトノダイヤモンド2 あの有名人が馬主!!3 それぞれのデビュー3.1 キタサンブラック3.2 サトノダイヤモンド4 ついに初対決!激闘の有馬記念5 直接対決の後、2 ...

続きを見る

スポンサーリンク

-アニメ, ウマ娘, トウカイテイオー

Copyright© ゆるげーまーぶ ウマ娘攻略まとめ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.