アプリ ウマ娘 チャンピオンズミーティング

【固有が大事】キャンサー杯振り返り【お疲れさまでした】

スポンサーリンク

キャンサー杯お疲れさまでした!

激戦のキャンサー杯が閉幕しました!

今回は本当に厳しい戦いでしたね

何が大変って、マイル育成が非常に難しいってことがよーくわかりました

で、おさみんの結果ですが

グレードAグループ3位ということで、残念ながら今回もプラチナ称号ゲットとはなりませんでした...

最後まで頑張ってくれた3人には感謝です

さて、いつまでも悔しがってはいられませんし、次のチャンピオンズミーティングに向けて今回の反省点を振り返ってみようと思います

ポイント① スパートとスキル

今回のキャンサー杯は安田記念が舞台ということで、東京芝1,600mのコースでした

ざっくりとコースの内容を見るとこんな感じです

まず最初に注視すべきポイントがスパート開始位置です

というのも、レースの勝敗に大きく影響するのが各ウマ娘の持つ固有スキルです

固有スキルは通常スキルと比べ発動時の効果が高いと言われています。そしてほとんどの固有スキルは終盤で発動します

そのため、そのコースのスパート位置で適切に固有スキルを発動できるウマ娘がレースで勝利しやすくなるというわけです

各ウマ娘の固有スキルの内容や発動ポイントは以下のページで確認してみてください。(フィルタ項目「レア」で固有を選択してください)

スキルデータベース

※順次更新中 スキルの情報を確認することができます! 検索・フィルタが可能なので、うまく育成に活用してください! 使い方 それぞれのプルダウンを選択することで項目ごとに表示をフィルタできます 検索ボッ ...

続きを見る

で、今回のコースの場合ちょうど最終直線開始に合わせてスパートが始まります

ここで注意しなければいけないのが

スパート前の加速UPはほぼ意味がない

ということ

加速UPは最高速度に達するまでの時間を短くする効果がありますが、そもそもスパート前の状態ではその時点での最高速度で走っていることがほとんどなので、そこで加速してもあまり意味がないことになります

つまり今回のコースだと

最終コーナー発動の加速UPの固有スキルは役に立たないんです

例を挙げるとタイキシャトルの固有スキルが該当します

そしてもう一つあまり効果が得られないのが、最終直線入ってすぐの速度UPスキルです

スパート直後ではまだ最高速度に達していないので、最高速度をさらに上げる速度UPスキルはほぼ不発になるといってよいでしょう

例を挙げるとサイレンススズカやミホノブルボンです

一方最終直線があまり長くないこのコースの場合、スパート位置から加速UPするスキルが非常に効果的です

・最終直線で加速UPする固有スキルを持ったウマ娘

特にセイウンスカイはコーナー終盤がちょうどスパート開始位置であることから発動タイミングがぴったりで、今回非常に活躍したウマ娘でしたね

ポイント② コースの構造

そして2点目に重要だったのが、コースの構造

今回のコースで具体的に言うと、最終直線にある上り坂です

なぜそれが大事なのか、そう上り坂ということはそこでウマ娘たちの速度が落ちてしまうんです

先ほどの例に挙げた3人のウマ娘たちのように加速UPの固有を発動させることで上り坂を垂れずに走るか、そのほかのスキルで加速力を上げることが効果的です

この点については主に2人のウマ娘が活躍していました

1人目はグラスワンダー

覚醒スキルである「乗り換え上手」がまさにこの坂を上りきるのに適した効果となっています

さらに、マイル・差しに適した強力な効果をもつレアスキル「豪脚」「昇り龍」を併用することで、最終直線でかなりの速度を出すことができます

とはいえ、あまり長い直線ではないので、固有が発動したセイウンスカイに追い付けるかどうかは相手とのパラメータの差によるので確実に勝つのは難しかったようですね

一方で、セイウンスカイを止めるために「地固め」などで先頭を奪い、固有発動を妨げるいわゆる「蓋」と呼ばれるウマ娘(スマートファルコンなど)が登場し始めた際には、勝率が高くなっていたようです

そして2人目がエルコンドルパサーです

あれ?エルコンドルパサーの固有は速度UPでは?

アイコン上はそうなんですが、説明文にある「優位を保ちやすくなる」といったポジションに分類されるような内容の場合、速度と加速の両方が上がっているようなんです

エルコンドルパサーの固有スキルはかなり上位にいないと発動しないのですが、最終コーナーで発動する速度UPスキルを併用すると、最終直線で逃げのウマ娘を抜くことができるんです

この速度UPスキルでおすすめなのがマックイーンの固有スキルです

というのも、おさみんが推しであるマックイーンを何とかキャンサー杯で出走させようと試行錯誤していた時(結果うまく育成できませんでしたが...)

前にいるセイウンスカイ2人を固有発動の直後に抜いていくマックイーンの姿を見たのです

ちなみにこの時のマックイーン、マイル適性Cでした

つまり、エルコンドルパサーにマックイーンの固有を継承して、最終直線前に発動させることで、一気に順位を上げて自身の固有を発動!そして坂を上りきる!

という流れになるわけです

そしてこの上り坂さえ攻略してしまえば、あとは脚質ごとの最高速度の差により逃げ先行や差しは逃げに対して勝ちやすくなるわけですね

まとめ

ということで、今回のキャンサー杯はルームマッチの実装により各スキルの発動や効果などがある程度見えるようになってきたこともあり、より洗練されたウマ娘同士の対決といった様子でしたね

今後のチャンピオンズミーティングにむけた育成のポイントとなる要素を改めておさらいすると

ポイント

・必要スタミナの確認(大前提)

・スパート位置と適した固有スキルの確認

・コース構造からレースの展開を想定し、適したスキルを確認

まずはこの要素を元に、次のレオ杯の情報が出たら活躍できそうなウマ娘の予想記事を書いてみようと思います!

スポンサーリンク

-アプリ, ウマ娘, チャンピオンズミーティング

Copyright© ゆるげーまーぶ ウマ娘攻略まとめ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.