ウマ娘 チャンピオンズミーティング

【ウマ娘】ライブラ杯2022向け因子周回方法まとめ【継承したい有効加速は?】

スポンサーリンク

ライブラ杯2022の準備をしよう!

画像

いよいよ次回チャンピオンズミーティングライブラ杯2022の条件が発表となりました!

開催時期は10月14日からラウンド1開始ということで3週間ほどの準備期間があります

というわけでいつものように準備をしていくために、まず最初に必要となる因子周回についてまとめていこうと思います

準備ってまず何から始めればいいんだろ!?という方はぜひ参考にしてみてください

なお、今回の記事内では各ウマ娘を以下のように呼びます

ライブラ杯2022向け因子周回の基本

継承する固有スキルから因子周回するウマ娘を決める

どのウマ娘で出走するにしても最も重要になってくるのが有効な終盤加速スキルは何かということ

コースの全体図はこんな感じ

ということで今回の阪神1,600mで有効となる加速スキルがこちら

有効加速スキル

・逃げ
 アングリング×スキーミング(通常セイウンスカイ固有)
 
・先行
 つぼみ、ほころぶ時(通常ニシノフラワー固有)

・差し
 レッツ・アナボリック!(通常メジロライアン固有)
 
・追込
 -

・その他(本人使用)
 ヴィクトリーショット(通常タイキシャトル固有)
 Best day ever(花嫁ファインモーション固有)

上記を含め各コースで有効となる終盤加速スキルは以下の記事でまとめているので合わせてご覧ください

こちらもCHECK

【ウマ娘の必須知識】GⅠレース場ごとの最適な加速スキルまとめ【チャンピオンズミーティング用】

目次1 終盤加速スキルの重要性2 終盤加速スキルの種類2.1 終盤ランダム2.2 最終直線2.3 最終コーナー2.4 最終コーナー後半2.5 終盤2.6 終盤直線/終盤向正面2.7 終盤コーナー2.8 ...

続きを見る

マイルレースであれば「マイルの支配者」や「スピードイーター」といった逃げ向けのスキルが多いことから、逃げ脚質優位となることが今までの傾向でした

しかし今回のチャンミでは

固有や下り坂スキルで先行脚質にもチャンスが増えていること

SSRダイイチルビーの登場により、逃げ脚質デバフの流行と後ろ脚質が活躍する可能性があること

から、今までよりも多様な脚質が入り乱れそうですね

おすすめの親ウマ娘は?

さて、話を戻して出走させるウマ娘の脚質に合わせて親となるウマ娘(=因子周回で育成するウマ娘)を決めましょう

逃げウマ娘であれば通常セイウンスカイになりますね

先行ウマ娘であればニシノフラワー、差しウマ娘であればメジロライアンになります

アンスキは1位、つぼみは3,4位、アナボリックは6位条件なので、どの脚質も終盤に入るまでに好位につける必要があるので、中盤スキルも重要になってきますね

またいつも重要となってくる最終直線ですごく速度が上がる固有スキルを継承させてスパートで競り負けないようにするということ

継承ウマ娘の中に含んでおくことでスキルの選択肢が増えるので可能であれば因子周回時の継承元に選択しましょう

 

育成時のデッキを想定して必要な青因子を考える

因子周回で育成するウマ娘が決まったら、次は因子周回時の継承元ウマ娘の因子を考えます

赤因子は基本的に対応した距離因子、今回であれば「マイル因子」が必要となります

そして次に青因子です

今回はマイルなので、育成時に使用するデッキ編成は「スピ賢さ育成」もしくは「根性育成」になるかと思います

スピ賢さであればサポカ構成は主に(スピ3賢さ2ハロー1)などですね

根性育成であればサポカ構成は主に(スピ1根性2賢さ2ハロー1)など

しかし、逃げであればSSR水着マルゼンとSSRタイキといったスピサポカのスキルが欲しいので、スピ賢さ育成の方が主流になるかと思います

また、差しであればSSRダイイチルビーを入れるためにスピか賢さを1枚減らすがあります

そうなると、現在のグランドライブ環境の場合不足してしまうのが根性や賢さステータスです

そのため、因子周回時の継承元ウマ娘には

ポイント

・青因子は「根性」>「賢さ」>「パワー」のいずれかで★3が望ましい

・赤因子は「マイル」>「芝」で★3が望ましい

・できればシナリオ因子があると最高

この条件に当てはまる自前の殿堂入りウマ娘とレンタルウマ娘を準備しましょう!

入れておきたい因子

さて、ここまでで

・因子周回するウマ娘

・因子周回時の継承元の2人のウマ娘

が決まったかと思います

続いては因子周回の育成の際に獲得し、因子としてつけておきたいスキルをご紹介します

因子周回時にはこれらのスキルを持ったサポカを編成するとより使いやすい親になりますよ!

なお、これから紹介するスキルの因子は因子周回時の継承元の2人のウマ娘にもついているとなお良いです

有効緑スキル

まずは優先的につけておきたいのがこちら、今回の条件の場合は

参考

・右回り〇(SSRファインモーション、SSRゼンノロブロイ等)

・秋ウマ娘〇(SSRファインモーション)

・良バ場〇(SSRナリタトップロード等)

スピードやパワーの底上げができる緑スキルですね

逃げウマ娘の場合地固めのトリガーにもなるので非常に重要です

これらの緑スキルは育成中のレース出走でも獲得できることがありますが、確率はかなり低いので因子継承でカバーしたいですね

特ファインモーションは2つカバーできるため、積極的に編成に採用したいです

距離直線〇と脚質直線〇

逃げ脚質であれば先頭に立つため、それ以外の脚質であればできるだけスパート開始時に前にいれるか

これを決める重要な要素の一つが中盤の速度スキルです

クライマックスではシナリオ中で獲得できることも多かったですが、グランドライブではサポカのヒントからの入手が基本になります

そのため、因子としてこれらが発動できると獲得のチャンスが増やせるのでぜひ持っておきたい!

ちなみに今回直線○系の速度アップは前半のポジションキープ区間で発動する可能性があります

そのため、速度アップとしてコーナー〇系の方が有効的に発動する確率が高いので、コーナー〇系を優先して因子に狙っていきましょう

ランダム発動の加速スキル

あればあっただけ勝ち筋が増える加速スキル

そのため、ランダムとはいえ有効発動する可能性があるスキルは取っておきたいです

できれば因子にも組み込んでおきヒントLvを上げておきたいので親でも獲得して下位スキル因子を獲得しましょう

まずはいつもの先行・差し用のこの2つ

また、新たに登場したSSRダイイチルビーが持つ「電光石火」も今回活躍しそうです

さらに、今回のコースではコーナーが少ないことや下り坂の場所から以下の下位スキル因子も狙いたいですね

その他脚質ごとのおすすめ

上記以外で、各脚質ごとにできればつけておきたいスキル因子をご紹介

・逃げ:地固め

 自前で持っていないウマ娘にはサポカの自由度のため因子で獲得したい地固めは持っておいて損なし

・先行:-

・差し:-

・追込:-

因子周回はどのシナリオがいい?

方針が定まってきたところで気になるのが、どのシナリオで因子周回するのかということ

現状だとグランドライブかクライマックスが選択肢となりますがそれぞれの特徴を比較すると

クライマックスの場合

メリット

・レース出走数が増えるので、相性の重賞ボーナスが取りやすい

・同様に白因子にレース因子が付きやすい

・クライマックス因子(スタミナ/根性)

デメリット

・時間がかかる!とにかくかかる!

・目覚ましがなくなる

グランドライブの場合

メリット

・時間が短い

・SS以上のランクで育成しやすい

・グランドライブ因子(スピード/根性)

デメリット

・レース出走数が少なくなる(重賞ボーナス/レース因子が少なくなる)

これらの特徴からそれぞれの状況にあったシナリオを選択するという回答になってしまいますね

とはいえ、ある程度育成するウマ娘の相性にあった継承元ウマ娘が用意できるのであればグランドライブで周回して試行回数を増やすというのが良さそうです

クライマックスはとにかく時間と目覚まし時計が消費されるので、余裕がある方は選択するとよいと思います

いざ因子周回!の前に引き際を決めよう

ということで、ここまででどんな因子周回をすればよいかの方針が見えてきたのではないでしょうか

理想はもちろん青9赤9白いっぱいですが

まぁ世の中そんなに甘くありません

なのである程度妥協が必要です

おさみんの妥協ラインを参考までに紹介すると

・青は根性・賢さ・パワーのどれかで★2

・赤は気にしない

・白は想定しているデッキ編成で手に入らない緑因子が付いている

このラインでも出来上がるのにはそれなりに時間がかかります

みなさんも因子周回は自分なりの引き際を決めてやりましょうね!

 

その他因子周回に関する解説記事があるので、合わせて参考にしてみてください!

こちらもCHECK

【やって損なし】これから因子厳選始めるトレーナーさん向けおすすめ育成方法【チャンミの合間に】

目次1 因子厳選って何すればいいの?2 とりあえずこれをやっとけ!3 とりあえず厳選おすすめ編成3.1 右回り〇持ちサポカ3.2 左回り〇持ちサポカ3.3 春ウマ娘〇持ちサポカ3.4 夏ウマ娘〇持ちサ ...

続きを見る

スポンサーリンク

-ウマ娘, チャンピオンズミーティング

Copyright© ゆるげーまーぶ ウマ娘攻略まとめ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.