イベント ウマ娘 チャンピオンズミーティング

【マックイーン】激闘レオ杯予選!勝利のポイントを考察してみた【ありがとう】

スポンサーリンク

激戦のレオ杯!今までで一番厳しい予選だった!?

レオ杯予選ぜんぜん勝てん!

って、いきなりこんな出だしで大丈夫か?

というのも1回戦最初の5レースの結果は全敗...なんとか2日目でギリギリ3勝できてAグループに進出できました

2回戦も何度か挑戦してやっとこ掴みましたよ!A決勝の舞台を!

もうほんとこの3人のおかげですよ

にしてもほんと今回みなさんの育成のレベルが高い!

出走してくるウマ娘がみーんなお強い!

トレーナーの皆さんの育成レベルが高くなったことはもちろん、やはりルームマッチによるレース攻略の精度がどんどん高くなってることも一因なんでしょうね

ということで今回はレオ杯予選を勝ち抜いたウマ娘たちの紹介とおさみん的な考察をしていきますよ!

おさみんの出走バ紹介

絶対エース!メジロマックイーン!

1番手はなんといっても我がチームのエース!メジロマックイーン

以前に公開した以下の記事での計画をベースに育成を始めたんですが

こちらもCHECK

【レオ杯】メジロマックイーンで最強ウマ娘目指します!【先行型】

目次1 レオ杯に向けてだれを育成するか...2 俺はこの娘と最強を目指す!3 見つけたぞ!勝利のカギを レオ杯に向けてだれを育成するか... みなさんレオ杯に向けた育成は順調ですか? 新しく登場した水 ...

続きを見る

先行育成するうえで「SSRヤエノムテキ」が優秀すぎるので、賢さ高めではなくパワー高めの育成を目指すことにしました

「アガッてきた!」「テンポアップ」で中盤に逃げウマ娘の後ろまで順位を上げ、最終コーナーで固有スキルが発動して先頭に立ち、「勝利の鼓動」「末脚」「尻尾上がり」でスパートを駆け抜ける

逃げウマ娘に大差をつけられたり、先行デバフがたくさんとんできたりしなければ勝率高めでしたね

なお一番の敗因はスタミナがレアスキルだよりなので、不発だと後半歩いてしまうという自滅パターン...

理想は中距離Sがついてればなんですが...間に合わなかった...無念

エースの活躍っぷり、さすがです

やっぱり強い!ゴールドシップ

今回先行マックイーンの勝率が低くなる先行デバフがたくさん飛んでくる展開の時に活躍するのがゴールドシップ

全体的にデバフで最終コーナーが団子状態の時はほぼ最後の坂で差し切れるので、マックイーンとの相性が抜群でしたね!

育成ポイントとしてはスタミナがレアスキルでカバーしきれないのでパワーを削ってスタミナに振る編成にしています

クリークから獲得できる「先行ためらい」がけっこういい仕事するんですよね

後述のグラスは最終コーナーあたりで発動するんですが、ゴルシの場合スパート中の坂手前で発動することが多く、終盤速度アップスキルを発動している相手にいい具合に刺さります

この発動タイミングの違いは何なんでしょうか?賢さパラメータの違い?

チームを支えろ!グラスワンダー

前評判で話題となっていた水着マルゼンやオグリと競うために、今回初めてデバフ要員を投入してみました

使ってみてその強さにびっくりです

賢さSSだとほぼ全部のデバフが発動しますし、相手の逃げ・先行ウマ娘のスパート時に伸びが悪くなっているのがわかります

とはいえこのグラスの育成が一番大変でしたね

なんといってもなかなかスキルが獲得できない!今回の構成も獲得可能なデバフスキルすべては獲得できませんでしたが、逃げ・先行対策としては十分かなと思います

で、今回の3人ですがサポートカードに完凸のガチャSSRを使ってないんですね(というかガチャSSRは1凸ダイヤちゃんのみ)

もちろん育成の回数はそれなりに多いですが、それでも1日平均3,4回くらいですかね

なので、たくさん課金しないとAグループ決勝なんて無理!ということはないと思いますのでぜひ参考にして挑戦してみてもらえたらなと思います

レオ杯向け育成中間考察

レオ杯予選の相手はやはり水着マルゼン、オグリキャップが多い印象でした

そして対戦して負ける相手もおおよそ上の2人でしたね

完璧に仕上がったこの2人に勝つのはかなり大変なんですが、そもそもそこまで育成するのってかなりハードルが高いんですよね

マルゼンスキーの場合固有スキルのために回復レアスキル獲得が前提なことと、大半がスピード・賢さ育成なのでスタミナが十分伸ばせていない場合が多そうでした

オグリキャップは、今回おさみんが育成したマックイーン同様スピード・パワー育成で「食いしん坊」「レースプランナー」でスタミナを補う構成が多かったです

そのため、スタミナデバフである「〇〇けん制」や「〇〇焦り」を使うことで後半スタミナ不足をさせるというのが効果的だった場面が多かったように思います

そうしたことから、次によく見るようになったのがデバフ要員のシンボリルドルフとグラスワンダーですね

デバフ要員が多くなったことで特に逃げ・先行のウマ娘が最終コーナーで抜け出しにくい展開が多くなり活躍し始めたのがゴールドシップですね

なんといっても育てやすいゴールドシップ

きちんとスキルさえそろえて中距離Sにすれば、評価Aでも十分に戦えます

結果ですが、今回のおさみんのチーム編成は割と有効だったようですね

そして今回改めて感じたことがひとつ

終盤コーナー速度アップの固有スキルはスパート直後がコーナーだと役に立たない

という見解、これちょっと再考した方がよさそうです

というのも、今回マックイーンの固有発動で最終コーナーで一気にトップに立つことがかなり多くあったんですよね

タイミング的に加速が終わったところと重なったからなのか、かなり有効に働いているように感じました

もしかしたらエルコンドルパサーの固有のように実は加速アップの効果もついているとか?

なんにせよ、固有の内容だけで簡単に向き不向きを判断しない方がいいかもしれませんね

スポンサーリンク

-イベント, ウマ娘, チャンピオンズミーティング

Copyright© ゆるげーまーぶ ウマ娘攻略まとめ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.